Pages

Friday, November 13, 2015

「ジハーディ・ジョン殺害ほぼ確実」米国当局


米国防総省の当局者は13日、日本人フリージャーナリストの後藤健二さんらを殺害したとみられる過激派組織「イスラム国」(IS)の覆面をした英国人戦闘員「ジハーディ(聖戦士)・ジョン」をドローン爆撃で殺害したたことは「ほぼ確実」との認識を示した。

死亡が確認されれば、米英両国にとって朗報となる。両国ともこの男(本名モハメド・エンワジ)を追跡していた。

この覆面男は英国アクセントの強い英語を話し、捕虜として捕らえた欧米人や後藤さんらの殺害に至る残忍な映像にナイフを振りかざしながら登場していた。このビデオ映像は西欧人をISに勧誘する目的にも使用されていた。

キャメロン英首相は、エンワジ容疑者を狙った爆撃をたたえ、もし成功していたらイスラム国の「心臓部に打撃を与えた」と述べた。

同首相はさらに「これまでエンワジ容疑者をどんなことをしても追跡し、人の命を奪うことを止めさせると約束してきた。シリアだけでなく英国も含む全世界の なんの関係もない人々の脅威となっていたからだ」と述べた。そのうえで今回の攻撃は「自衛のための、正当な行為だ」と語った。

米国はここ数日イラクとシリアで活動するイスラム国に対して攻勢を強めている。国防総省は、最大50人の特殊部隊をシリアへ派遣して軍事作戦に向けた状況を分析することを明らかにした。

エンワジ容疑者が死亡していれば、西欧諸国の関係者の士気を高める一助となるが、ISの行動に変化をもたらすことはないとみられる。

バグダッド在住の中東問題専門家によると、同容疑者はイスラム国の組織の指導部メンバーではないからだという。


 http://jp.wsj.com/articles/SB12239780145041894104204581354221197622778



Friday, October 23, 2015

社会 タイで日本人4人逮捕 覚醒剤・銃所持容疑


バンコク=共同】タイの警察当局は24日、首都バンコクで2キロ以上の覚醒剤と銃を所持していたとして、茨城県出身の板倉大容疑者(34)ら日本人の男4人を逮捕したと発表した。
警察によると、4人は23日午前、バンコク郊外のレストランで、覚醒剤約2.3キロと拳銃1丁を不法に所持していた疑い。
警察は薬物密売組織からの情報などを基に板倉容疑者らを追っていた。覚醒剤所持の目的や入手ルートを追及する方針。



Thursday, October 22, 2015

NY 殴って68歳の男性を殺した男を逮捕




ジャーミーに殴られ亡くなったフイさん

事件があったのは先週金曜日、イーストビレッジの住宅に並ぶ歩道で男に殴られ亡くなったフイさん(68)。 暴漢カメラに映っていた男からの割り出 しで容疑者の男を逮捕。 逮捕された男の名前はジャミ-・ピウ(20)であの日、金曜の夜は友達と酒を飲んでいて記憶がない。と話しているそうです。

Jamie Pugh

容疑者・ジャミーの逮捕は2級殺人罪と窃盗。 

今日、裁判所でジャーミーの母親が今回の事件について『うちの息子は金曜日の夜にパーティーへ出かけ て誰かに薬物をグラスへ入れられたの!だから息子は正気ではなかった。』 と証言。

続けて母親は『息子は殴った事を覚えていなくて、メディアで取り上げ られたビデオを見た息子の友達がジャーミーに似ている。と言われて息子は自分の犯した事を知った位なの』 と法廷で母親は証言したそうです。


NY 暴漢に襲われた68歳の男性死亡

ニューヨークで英語の勉強とアートを習って楽しい留学

プログラムに定評のある語学学校ならマンハッタンランゲージ

日本から先に予約を入れて部屋探し!Kzなら日本語対応で安心

ニューヨークの空港から相乗りバンでマンハッタンへ

殆どのホテルがギリギリまでキャンセル料なし?






Monday, October 5, 2015

パルミラ遺跡の凱旋門、ISが爆破 シリア文化省が確認



 過激派組織「イスラム国」(IS)が4日、シリア中部の世界遺産パルミラ遺跡にある凱旋門(がいせんもん)を爆破したとシリア国営通信が報じた。シリア文化省の文化財・博物館局のマムーン・アブドルカリム局長が、現地から得た情報として破壊を確認したという。  

ISは5月にパルミラを制圧。8月に遺跡の元管理責任者を殺害し、砂漠地帯の古代都市遺跡にあるバール・シャミン神殿やベル神殿を破壊した。アブドルカリム局長はAFP通信に対し、ISは他の遺跡にも爆薬を仕掛けており、次は古代ローマ時代の円形劇場や円柱が並ぶ列柱道路を破壊しようとしていると警告した。(カイロ=翁長忠雄)

 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASHB5558JHB5UHBI01X.html




歯科医が殺したライオン、セシルはこうやって殺された




アフリカで最も有名で人気者だったライオンのセシル(13)をアメリカ人の歯科医師パーマー氏が射殺した話は世界中の人々の気持ちを趣味のためにハンティングするな!と反対運動までに広がっています。

ライオン、セシルを殺したアメリカ人の歯科医師パーマー氏

アメリカ人のパーマー氏は地元ジンバブエのハンターに大金、約680万円を出してライオン、セシルを射止めようと必死になって殺しました。 殺した理由は自分の趣味のため。

ジンバブエ・ワンゲ国立公園の外にセシルをおびき寄せて射殺を試みた


パーマー達は公園の外にライオン、セシルを餌でおびき寄せる事に成功。 

公園の外に出たセシルを狙って撃ったが致命傷にはならず、セシルは必死でその場から逃げました。


サファリツアーで大人気だったセシル、人間がイメージする百獣の王様の姿そのものだった。 

パーマーと地元ハンターの2人はセシルを完全に射止めようと40時間に渡り追跡。 

そしてセシルを発見し、パーマ氏はセシルを射殺しパーマ氏の念願は叶いました。 

射殺の手法が卑怯だという声が上がっている、それは動物の死骸を餌にセシルを誘き出して撃った後に傷を負ったセシルを40時間も追跡して殺した

記念に首を切り取って歯科医は輸送手続きをした。 

パーマ氏はいつもの通り、ハンティングが終わると射止めたセシルの頭を切り落としました。 切り落とした頭は剥製として飛行機で輸送するのが通常。



パーマ氏の狩りに大反対する人達、(アメリカにて)

頭を切って飾る事が彼らの栄光である。

パーマ氏は動物の頭を切り落とし、自宅や自分の歯科オフィスに飾っているそうです。


現在のパーマ氏の歯科は閉鎖状態が続いている。 営業はまず出来ないという見解を本人のパーマ氏がメディアを通して話している。 

そこで大手航空会社のデルタがライオンなど狩猟で殺された動物の輸送を禁止。と発表。

狩猟で殺されたライオン、ヒョウ、象、サイ、バッファローのハンティングトロフィー(狩猟の記念に獲物の首から上を剥製にした装飾品)の輸送を直ちに禁止すると発表した。

パーマ氏はアメリカ国内で熊を違法にハンティングしていた事実が発覚




2008年、アメリカ人の歯科医師パーマー氏はウィスコンシン州外のハンティング禁止場所で熊を射止め罰金刑に処されていた。 



熊も狙い撃つ



打ち殺して、その姿を目にすると最高の瞬間だそうだ。






ノーベル生理医学賞に大村智氏 熱帯病薬開発で貢献



【パリ=竹内康雄】スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2015年のノーベル生理学・医学賞を、寄生虫による熱帯病の治療薬の開発に貢献した北里大 学の大村智特別栄誉教授(80)と米ドリュー大学のウィリアム・キャンベル名誉研究フェロー(85)、中国中医科学院の屠

●●(くちへんに幼、ト・ユウユ ウ)終身研究員兼首席研究員(84)に贈ると発表した。

日本のノーベル賞受賞者は昨年の名古屋大学の天野浩教授らに続いて2年連続で、23人目(米国籍を含む)。生理学・医学賞は理化学研究所の利根川進脳科学総合研究センター長、京都大学の山中伸弥教授に続き3人目となる。

  カロリンスカ研究所は授賞理由として「寄生虫による感染症の治療を根本的に変えた」と説明した。大村氏とキャンベル氏はアフリカなどの風土病で感染者の2 割が失明するといわれるオンコセルカ症(河川盲目症)や足などが肥大して歩行が困難になるリンパ系フィラリア症(象皮症)、屠氏はマラリアの画期的な治療 薬をそれぞれ開発した。

 大村氏は5日、北里大学で開いた記者会見で「微生物の力を借りて、何か役に立つことができないか考えながら仕事をしてきた。私がこの賞をもらっていいのかなという感じだ」と喜びを語った。

大村氏は1970年代、国内の土壌にすむ細菌が作りだす物質に注目。数千の菌から寄生虫の駆除薬として有望な50種類を特定した。 

キャンベル氏は大村氏が 見つけた菌が作る物質によって、家畜の寄生虫を1回の投与でほぼ完全に駆除できることを突き止めた。

米製薬大手のメルクが80年代初めに動物用の駆虫薬 「イベルメクチン」として商品化した。

その後、イベルメクチンは動物だけでなく人間の寄生虫の駆除にも使えるとわかった。特にオンコセルカ症に対して極めて効果が高く、症状の悪化を防いだり、感染を防いだりできるようになった。

 世界保健機関(WHO)はメルクから無償提供を受け、80年代後半に薬剤の配布を始めた。これまでに延べ10億人が飲んでおり、多くの人々を失明の危機から救った。WHOは20年代には撲滅できると予想している。イベルメクチンは他の寄生虫やダニによる感染症の薬としても広く使われている。

 一方、屠氏はマラリアの効果的な治療薬の開発が評価された。中国国籍の科学者が自然科学系のノーベル賞を受賞するのは初めて。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開く。賞金800万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)は屠氏が半分、キャンベル氏と大村氏が残りを分け合う。

  大村 智氏(おおむら・さとし) 1935年7月12日山梨県韮崎市生まれ。58年山梨大学卒業、東京都立墨田工業高等学校で夜間部の教諭を5年間務め た。68年北里大学助教授。

75年北里大教授。90年北里研究所所長。2013年から北里大特別栄誉教授。97年ロベルト・コッホ・ゴールドメダル、14 年にガードナー国際保健賞など国際的な医学賞を多数受賞している。絵画の収集家としても知られており、女子美術大学の理事長も務めた。

 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG05H4V_V01C15A0MM8000/






Tuesday, September 29, 2015

中国、日本人男性2人を拘束…「スパイ行為」で


中国で今年5月、日本人男性2人がそれぞれ、「スパイ行為」の疑いで中国当局に拘束されていたことが30日、明らかとなった。

複数の日本政府関係者が明らかにした。2人はいずれも日本から渡航した民間人で、浙江省の軍事施設周辺と、遼寧省の中国と北朝鮮の国境地帯でそれぞれ拘束された。中国側は拘束の根拠に、昨年11月に施行した「反スパイ法」と刑法を示しているという。

菅官房長官は30日午前の記者会見で「個別の事案について答えることは控えたい」と述べ、日本人拘束について明言を避けた。菅氏は報道陣から、政府として民間人を中国に送り込んだ可能性について問われると、「我が国は絶対していない」と否定した。日本政府関係者によると、具体的に2人のどのような行動が問題視されたかは不明という。

Ads 468x60px